2017/10 ≪  2017/11 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「彼」
2008/09/12(Fri)

  
 よくお邪魔するサイトさんで「小説 彼」なるものを読んだ。


いや、読みかけた。

NO1・・・NO2・・・NO3・・・・・・・・・




連日更新される「文」。
ああ、確かに「小説」なんだろうなー。





って、途中から嫌になって、読んでない。


ただのエッチな小説なら笑って読める。


この「彼」の中に出てくる女の子は・・・読んでいて、同姓として気分が悪くなる。

ええww
小説です。
作り話ごときに何、キレかかってるの?と、人は思うかもしれない。



その「人物設定」をしたことに対して、キレかかってるのかもしれない。
その作者が思い描いているだろう「女の子」像。みたいなものにキレかかっているのかもしれない。

その作者は「女の子」をそう見てるのか?
「女の子」の何を知ってるんだ?
そんなバカな女の子の背景にまで迫ってみたのか?

いや。
無いと思う。




概要「夏に知り合った男の子と恋愛。その彼には彼女がいてショックを受ける。友達からオトコのコを紹介してもらう、恋愛。
ある花火大会の夜、彼と友達のデイトを目撃、ショックをうける。
その後、自堕落な恋愛。」


かなり、かいつまんでるがこれが今時の女の子の実態なら・・・こっちがショック(><)


って、小説ですよ。


そんな、小説に熱くならなくても・・・と、思う残暑厳しい9月12日午後・・・33℃・・・熱い(^^;)






で、ww
私も書いてみようかなー(笑)
なんてね。



「彼」




小説ってか・・・作文ですが何か?(><)

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。